ローソク足でトレーニング

バイナリーオプションは判定時刻に、レートの状態がどのようになっているかを予想する金融商品であるため、値動きを予想するのが非常に重要になってきます。
しかし、あくまでも判定時刻にレートがどうなっているのかということだけが、結果に影響を与えるものであるためどれだけ乱高下をしたとしても大きな損失を出さないのが魅力です。

相場において値動きを予測するのに非常に役に立つのがローソク足で、これを使ったチャート分析は全ての相場のテクニカル分析の基本ともいえます。
ローソク足は日本で発明されたテクニカル指標のひとつで、これひとつで始値、終値、高値、安値を知ることができる非常に優れたものになっています。
ローソク足はその形状によって、将来を予測するのに適していて例えばチャートの底近辺で長い下髭をつけて陽線となった場合、その辺りには買いたいと思っている人が多いということを予想することができるため、底に近いのでは無いかと判断することができます。

逆に天井付近で上髭がついた陰線になってしまった場合、売り圧力が強くこれ以上レートは上昇しないのではと予想をつけることができます。
後はこのような予想を元に、ポジションを取ることによって2分の1の勝率をそれ以上に引き上げることもできるのです。

新トレード情報

他のトレード情報

リンク

サイトの使い方